+一切為周辺事業奮闘中+
by momiji_luna
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Dearsスタッフ募集について

Dearsスタッフ募集について

この度、更なるファンクラブ運営向上のため、スタッフ募集をいたします。

応募条件:学生不可
応募内容:ファンクラブ運営におけるアシスタント業務
勤務地:東京都渋谷区(都内近郊に居住のこと)
勤務時間:平日12~17時でシフト制(状況により変動有り)
雇用形態:パート(能力により正社員への登用あり)
時給:800円~
※能力・経験を考慮の上、当社規定により決定いたします。(交通費別途支給)
______________________________________________________

在拉的bo里看到这则消息,直接托了过来...

我想去应募,,,哎
为啥俺一回中国就有这种事情发生。。。
居然还有机会转正,,人家的staff梦。。。

不过嘎桑,,你给的工资真的不高。。。

想要埃奈的贴纸

e0099677_0571841.jpg

[PR]
# by momiji_luna | 2008-02-25 00:44 | +Gackt+

即将破产的某人...鄙视偶把~~

马上一月底了,,某人的荷包越来越空了。。。败了太多东西,,不过还是很期待预定的那些都快点寄来,,我快等不及了~~~

1。フォトフレームタイプの卓上カレンダー 2008
価格:4500円税別(4725円税込)


2。
ポストカードセット 価格:1,575円(税込)



3。御守り
価格:1,260円(税込)

4。マグカップ
価格:1,365円(税込)


5。
価格:9,800円(税込)

6。
Save Our Dears キーホルダー
価格:10,000円(税込)


7。写真集「龍の化身」
価格 3,000円 (税込 3,150 円)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

以上

昨天我被吓倒了,
3月28日(金)破壊の夜:东京ドーム
3月30日(日)创造の夜:东京ドーム
X-JAPAN TOKYO DOME LIVE
门票12800円
好贵阿~~
toshi大叔的声音还是只适合X!
[PR]
# by momiji_luna | 2008-01-24 12:51 | +一人こと+

すべての会話がここから始まり。。。

昨天被派了公司派了一个任务。最近公司有个新计划,想要在学校附近制作一个地图,然后把一些跟我们合作的店家画进地图中,标记出来,在学院内学习的学生中介绍,然后互相做宣传,让在上海生活的外国人生活更加丰富。

所以今天的任务就是去那些店家商谈合作事项。今天去的是家拉面店。听来学校的日本人说那边做的拉面很日本,很地道。貌似口碑非常好。价格也蛮贵的,一碗酱油拉面35元。。。 汗

下午去的时候,可能时间太早,4点半到的门口,可是还没开门。去之前就听说那家店非常小,虽然说已经作了那很小的心理准备,但是看到实店后,还是被吓了一跳,チッチャイ!!

そしてもし一人であの店に行ったら、当分入りたくないと思います。。。
下午去没开门,晚上就只能再去。。。可是一个人进去心里真的有些不安,,,正巧今晚上课的学生不多,到了九点15分过后,看看时间还早,于是就拉了小宗一起去。2个人毕竟可以壮壮胆!!!

到了店门口,小宗也被那店的门面吓着了,,鼓起勇气推开门,汗!!真的很小阿。我小心的把学校的宣传册放在大腿上,真的小的连包也只能背在身上,一边吃着35元的拉面,一边背着包,,由于地方实在是小,脚只能放在桌在外面。可能心里面总有着心事,真正体验了一次什么叫[食不知味],就算再好吃的东西放在我面前,,我真觉得没味道。一边吃一边环顾四周,除了我俩都是外国人,,,汗,,,原来住在上海的外国人不是一般的多。。。

吃着吃着,,突然宣传册掉在地上,这么巧正面的两个大大的[汉院]朝着上面,
e0099677_2481177.jpg
我刚想拿,被坐在旁边的日本人看到。于是对方拿起来看了看我们说[我可以看么]。。我俩相望了一下,说[当然当然,没问题]。。。于是从册子掉在地方的那瞬间开始,一切发生了变化。。。

那日本人一边看着学校的资料一边跟我们聊天,估计对方把我们当跑业务了,,不过这样的话,我俩就太可恶了,不会晚上十点了还在工作拉生意把,,,汗。。。谈着谈着,对方问我们来这里是不是有事情,本来我们还在想改用什么方法去接近这店的负责人呢,,听到对方这么问,就跟他讲,[您经常来这里么,和这里店长熟么,我们想找店长聊聊天],于是对方一听到这个马上对着里面说「チンちゃん、この子たちは話したいことがあるそうです、ちょっと聞いてみて。。」,,,被这突然发生的事情惊讶的我俩,看着那负责人跑过来,只能硬着头皮先跟人家说[不好意思打扰了,,我们是汉院xxxxxx。。。。。。]对方也很和善的听我们讲完,虽然最后没有谈成功,不过随着一件工作的结束,我俩的心也渐渐的平静了。。。

其实进这家店,我们就在想,如果我们合作了,这么小的店,该把我校的宣传资料放哪里呢??感觉不管放在哪里都是那么多余,,果然人家也说了没地方搁,而且店也从来不打折,,,看来没戏。。。最后虽然还是要了张名片,但是名片上除了地址电话,,其他什么都没有。。都不知道那人叫什么,只是听到刚才那日本人叫她「チンチャン~」。。。

要说的都说了,结束之后不知道怎么了,觉得点的拉面开始有味道了,我俩讲话的声音也大了,。。一边吃一边聊,,,等买单出去之后发现地铁早就没有了。。。

这次的经历提醒了我们,下次再作同样的事情,必要的时候要再[不小心]掉一本汉院的宣传册在某个日本人的面前,,这次比较好开始话题,然后达到自己的目的。不过我可以发誓,这次的开始真的只是个巧合,不是成心的哦~~~不过现在回想一下,真的很嘲。。。哈嘲~~~
[PR]
# by momiji_luna | 2008-01-19 02:48 | +一人こと+

第58回红白歌合战各歌手收视率

不多说了,自己看图巴~~~

e0099677_2095065.gif

[PR]
# by momiji_luna | 2008-01-05 20:10 | +Gackt+

“学びと苦悩の1年”と、その向こう Gackt

2007年はGacktにとって特別な年になった。理由は、今さら言うまでもないが、大河ドラマ「風林火山」への出演。最高の人たちと出会い、これまでにはなかった経験もした。そのスペシャルな年を締めくくるのが、愛する「ガンダム」の楽曲をフルリメイクしたメモリアル作品。Gacktがこの1年とこれからを語る。
「1年を振り返って…、そうだね、勉強の年だった。大河の現場には、大御所と呼ばれる役者の方たちが大勢おられて、刺激も学ぶところもたくさんあった。大河で出会えた役者さんたちの影響は大きいよ」

 今年、大河ドラマ「風林火山」に出演。多くの役者に影響を受けた。そのなかでも特に大きかったのが、緒形拳の存在。

「色っぽいし、男っぽいし。狂気を感じるときもあれば、穏やかで静かな湖面のような人でもある。一緒にいてこんなに楽しい人っていないよ。だから、毎日現場に行くのが楽しかった。緒形さんは、これまで僕になかった感情にも気づかせてくれたんだ。今まで、ファンのみんなのために自分の活動があって、自分の大儀のため、通さなければならない信念のため、自分の叶えたい理想のために、自分の活動のすべてがあった。それ以外の感情って正直なかった。ところが、緒形さんと出会って、いろんなことを教えてもらったり、話したりするなかで、“この人の喜ぶ顔がみたい”、“この人に褒められたい”って思うようになったんだ。ビックリしたよ、自分にもこんな感情があったんだって。……父親ってこんな感じなのかな。僕は、父親に対してそう思ったことがあまりなかったから」

 そういった感情はともかく、大河での経験は音楽にも跳ね返ってきた。クランクアップ後にレコーディングされた、ガンダム史上最強のコンセプトアルバム『0079 - 0088』。
e0099677_2193943.jpg

「タイミングだとか、呼吸とか、表現だとか、大河のなかでやったことがリンクしてきたね、歌なのに(笑)。やっぱり人生って無駄なことなんて一つもない。でも、今回、何よりも強く感じたのは、自分はミュージシャンなんだってこと。ずっと、音楽活動から遠ざかっていたから」

『0079 - 0088』は、ガンダム好きとしても知られるGacktが、これまでにガンダムとコラボレーションした6曲と、ファーストガンダムの映画主題歌「砂の十字架」、「哀 戦士」、「めぐりあい」をフルリメイクして構成。ガンダムファンならば何よりも愛着がある曲を、今の音に、そしてGacktにしかできない方法で歌い、鳴らす。「すごく苦悩だった(笑)」と、本人。

「カバーするにあたって、そのまま歌いたいのなら、それはそれでありと思う。でもそれじゃ時を越えられない。今を表現したいなら最初から作り直さなければって。……それに、ファンのみんな、ガンダムファンであり、僕のファンでもあるんだけど、彼らの気持ちに応えたいし、僕自身もガンダムが好きだから、ガンダムに関わる作品を残すのに中途半端な作品は残したくないという思いが強かった。その結果、これまでに自分が作ったどの楽曲よりも時間がかかったよ、笑える話だよね」

 Gacktは時折笑みを見せながら続ける。

「最初の『哀戦士』から作業が止まってしまって。しばらく時間を置いて冷静になってから、『めぐりあい』もいい形になった。で、問題だったのが『砂の十字架』。この曲は何と言うか、壮大すぎるんだよね(苦笑)。何をやってもその雰囲気が抜けない。だったら、インストにして、ガンダムのシーンとしてはめ込んでみるのもいいかもしれない、と頭を切り替えて。シャアがガルマを殺した後に酒場で“坊やだからさ”っていうシーンがあって、その酒場のレコードから流れている曲にしようと決めたんだ。シャアが何を思うのかっていうのを曲にのせて作り始めた」

 ガンダムについて話し出すと、Gacktも時々遭遇するガンダムファンの姿とそう変わらない。熱い、長い、そして最後には「見れば分かる」。

「ガンダムの魅力?それは、人間っていうものをテーマにしているからだよ。ガンダムを知らない人たちって、ロボットアニメのイメージしかないでしょ。世の中にたくさんある、戦ったり変形したりっていう。ガンダムは人間ドラマ、それを知らない人が多い。知らなくてもいいんだけどね、知っている人の特権みたいなものだから(笑)。ただ、ガンダムがどうしてこんなに愛されるかといえば、子供たちが言いたいこと、言わなければいけないことを初めて表現したアニメだからだと思う。それまでは、ヒーローとヒール、善と悪を絶対的に打ち出した、アメコミだとかアメリカのアニメの延長上に過ぎなかった。それってある意味、洗脳だよ。だって、実際は違うよね。人は、それぞれに正義と悪があって、善と悪では語れないすごく複雑な部分を抱えているわけじゃない? ガンダムって簡単に言えば戦争映画で、その主人公のアムロはエースパイロット。ヒーローなのに、彼はそれを望んでなくて、嫌なのに洗脳や大人のエゴのためにやってる。だから、戦争のさなかに“もう戦いたくないんだよ”って。素直な子供の気持ちだよ。そんなことは初めてだったから当時番組を見ていた子供たちはそれが理解できなかった。だから、打ち切りにもなった。でも時間を経て理解されるようになって、反応する子供たちが出てきた。ガンダム的にいうと、ニュータイプとして覚醒する子供たち、大人たちに対して素直に疑問を持てる子供たちが増えたんだ。それが僕らの世代なんだと思う。ガンダムは子供の心を解放したんだよ」

「もうひとつの魅力は問いかけ続けたこと。例えば、『逆襲のシャア』に至るまで、シャアは復讐という目的のためにすべての感情を捨て、自分のするべきことに覚悟を決めた。シャアは、信念を持っていて、迷いがなくて、言葉が少なくて、明確に物事を判断できる、男の理想だよ。それが、アムロに出会ったことで人間的な部分が表れてしまう。感情のないところから感情のある方向にいったシャアと、迷いながらもいろんなものを発見しながら大人になったアムロ。アムロは『逆襲のシャア』で、「それはエゴだよ」ってシャアに言うようになるまで成長した。どっちがいいんだろう、どっちが本当の姿?ってね……。答えを言わず、こうなったらどうなる、君はどう思うのかって視聴者に向けてずっと語りかけてる。それがガンダムなんだ」

「来年はとにかく音楽漬け、スゴい作品が出てくると思うよ。僕のなかで2010年っていうのが1つの区切りになっていて、そこまではとにかく走る。歌うことが好きだし、みんなの背中を押せるものをずっと作っていきたいという思いは欲としてあるけど、今僕がやっているステージを死ぬまでやれるかっていったらその自信はない。今でもギリギリなんだから(笑)。今のスタイルだったらあと3、4年できるかどうか、だから2010年。その後は、できると思ったらやるし、できないと思ったらパッとステージを降りる。だから、今は走るだけだよ」

「常に全力疾走。マラソンじゃないんだ」と、Gackt。来年の走りっぷりにも注目だ。

「その後はできると思ったらやるし、できないと思ったらパッとステージを降りる。今は走るだけだよ」
[PR]
# by momiji_luna | 2007-12-29 02:21 | +Gackt+


カテゴリ
フォロー中のブログ
+LINK+
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧